• 健康効果の高いフラックスオイルとは

    健康診断でも内臓脂肪やメタボリックシンドロームを指摘されてしまうと、多くの方はまず油を控えようと考えます。


    しかし脂質栄養学の世界的な権威であるウド博士は、やみくもに油分の摂取を控えるのではなく良質な油分を適度に摂取した方が良いとおっしゃっているのです。
    では体にいい良質な油分とは何かを考えてみると、まず食用になる油分には色々な種類があるのですが、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に必須脂肪酸に分かれます。
    飽和と不飽和脂肪酸は内々で作る事が出来るのでそれ程摂取する必要も無いのですが、必須脂肪酸は体の中では作れず健康を保つ為に必要な物で「オメガ3」と「オメガ6」のカテゴリに分けられるのです。


    「オメガ6」はリノール酸でパンやマヨネーズなどにも元々含まれているので摂取しやすいのですが、「オメガ3」を含んでいる食品が少なく非常に繊細で酸化や劣化の進行が早く、意識して摂取した方が健康効果も高くなります。
    その「オメガ3」を含んでいるオイルとして最近話題になっているのがフラックスオイルです。



    スーパーでも見かける事が多くなっている程人気が出ているのですが、別名亜麻仁油と表記されているフラックスオイルは必須脂肪酸以外にもビタミンEを多く含んでいるだけでなく、ポリフェノールの一種であるリグナンを豊富に含んでいます。
    フラックスオイルに含まれているオメガ3系のα-リノレン酸は体内でDHAやEPAに変わるので、青魚が嫌いな方でも積極的に摂取する事が出来るのです。

    朝日新聞デジタル情報に関する耳より情報を公開しています。

    健康効果と美容効果も高いフラックスオイルですが、熱に弱いのでドレッシングに加えたり食べる直前の香りづけで使用する事で効果的に摂取出来ます。